運送業のM&Aに必要なポイントとは?運送業のM&Aに関するミニ知識をご紹介

このサイトでは運送業のM&Aに必要なポイントとミニ知識、購入する際に参考になる事例、成功へと導く戦略と目的などを紹介しています。
役立つ知識をあらかじめチェックしておくことで、運送会社の購入などに活用することができるでしょう。
事業拡大に活用したり、活発化する運送関係への新規参入を目指したりと自社の活動に役立てることができます。
ぜひ抑えておきたいポイントなども確認できるため、ぜひ参考にしてみてください。

運送業のM&Aに必要なポイントとは?運送業のM&Aに関するミニ知識をご紹介

運送業のM&Aでは他の業種とは異なる点が多く、貨物や荷物、運送ルートにも注目が集まります。
また、荷物とトラックの拠点となる倉庫や事業所、管理システムやキャッシュフローなどもチェックするべきポイントでしょう。
運送業のM&Aを行えば、既存のシステムとネットワークを利用して新たな事業の立ち上げなども可能です。
ドライバーの獲得などもできるといったミニ知識を活かせば、事業の経営基盤の強化に役立てることができます。

運送業のM&Aは成長や存続に必要な手段

運送業界には問題が山積みになっています。
慢性的な人手不足やドライバーの過労問題、燃料コストの増大、インターネット取引の増加による荷物の急増などです。
これらの問題を早急に解決することが運送業界には求められています。
これらの問題を解決するためには、運送業の効率を上げていくしかないのではないでしょうか。
例えば、仕分け業務などにはどんどんロボットなどを導入していくべきですし、配送なども配送管理システムの導入や自動運転車の導入等を積極的に進めるべきでしょう。
そうやって業務を効率化していけば、大きな成長を期待できるはずです。
しかし、なかなか効率化が進まない理由は、運送業界では中小零細企業がたくさん散らばって存在しているからかもしれません。
資金力のない小さい会社では、先進的な技術に投資する余裕はとてもありません。
この現状を変えるには、M&Aで小さく散らばっている会社を統合することです。
みんなで力を合わせれば、より大きなチャレンジができるのは間違いありません。

運送業のM&Aをベストマッチングに導く方法とは?

運送業のM&Aを最適なマッチングへと導くにはタイミングが重要で、経済状況がかなり影響していて運送業の間ではドライバーなどの確保が主に重視され、ドライバーが高齢化するほど抵抗も強くなるようです。
そのため最適な時期に行うことが重要と言えます。
また、相乗効果を最大限に発揮させることも大事で事業内容・営業エリアや、ドライバー・トラックなど車両・物流設備状況を把握し検討していきます。
当然ですが成功させるには依頼先の選び方もポイントで、専門的に扱っていて実績などが豊富な会社がいいです。
運送や物流会社の買収・売買では高額な税金が発生し、税金対策も欠かせません。
事業承継など贈与税などを考慮する制度もあるのでそれを活用すれば税金も抑えられます。
条件だけでなく価格相場の把握も不可欠で、条件が良くても価格が高いのでは損をしますので相場の確認も必須ポイントです。
異業種同士で行うと、買い手はゼロから事業を立ち上げるよりリスクが低く新規事業への参入が可能、参入した分野で既に事業の買収ならリスクも減らせます。

運送業のM&Aは動向チェックが欠かせない

運送業ではM&Aを行う会社が増えていて、これは販売チャンネルの獲得・人手不足解消・運送サービス強化など経営的な課題を解決するためで、大手企業も積極的に業務や資本の提携も行ってます。
勿論実際に運送業で行う場合は動向のチェックも大事であり、大手が提携することで事業規模・生産性を上げれば中小企業も対抗的な手段として利用してます。
人手不足だと仕事の一部を外部委託する中小企業は多く、外部委託は便利でも自社でのサービスの調整が出来ないので運営には不安があり、利益率が下がる恐れもあります。
課題を解決するため運送業が同業の他社から事業と会社を買収する場合も増えていて、M&Aで外部の委託先も自社内へ取り込み安定的な事業の運営を行うのが目的です。
他の運送会社などを買収すると、人的経営資源も確保出来て販路・車両など経営資源も入り、業績拡大・アップに繋がるのが魅力です。
他社との物流システムの差別化も可能で、自社にはない経営資源を取り込んで合わせることで、他だと行ってないサービスも生まれます。

運送業のM&Aで深刻な人材不足を打開する

運送業は現在慢性的な人材不足に陥っていて、採用をしてもなかなか人が取れないのが現状です。
このため運送業界内でも統廃合の波が来ていてその一つに経営統合、いわゆるM&Aと呼ばれるものがあります。
これは管理部門など共通部門を一つにすることで出来るだけバックオフィス業務を少なくし、現場への人員配置を最大化する方法と言えます。
ただ経営統合をするためには、買収する側の会社が買収される側の会社を購入しなくてはなりません。
購入方法として発行済みの株式を買い取ることで行われるのですが、その価格算定などには会計や税務などのスキルが必要になります。
一方で買収される側から見れば会社が変わるだけなので、業務自体は変わらないものの同じエリアが重なっている場合などは効率化のための配置転換などは起こります。
最大のメリットは現場の業務自体の影響が非常に低く、影響があるのは経営層や管理部門といった部分なので人手不足を打開する方法としては良いものです。

著者:金谷節子

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
地元の運送業者に長年勤務。
運送業のM&Aの重要性について記事をまとめました。
運送業 M&A